越谷市大袋駅前整骨院 tel:048-971-5179

ヘルニア・脊柱管狭窄症

  • こんな症状がある方は要注意!
  • お尻から足先まで、鋭い痛みがある
  • 座った状態が続くと、太腿の裏がしびれてくる
  • 片側の足がしびれて立ちあがれない
  • 妊娠されている女性の方

椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・すべり症・分離症など、病院で診断を受けた方にとても効果をだしている、最新式のベッド「フレクションエレベーションテーブル」を導入しています。

本院である越谷市「みんなの整骨院」でも数多くの方に「手術せずにすんだ!」「長年の痛みが解消した」といううれしい声をいただいています。

慢性的な腰痛で悩んでいる方、病院で手術が必要といわれたけれど手術したくない方は是非一度当院にご相談ください。

大袋駅前整骨院のヘルニア・脊柱管狭窄症施術

当院ではヘルニア・脊柱管狭窄症の施術はフレクション・エレベーションテーブルを使ったウィリアムス体操、マッケンジーの手法をとりいれたマッケンジー体操を行います。
問診によりしっかりお話を聞き、どんな風に痛みが出ているのか、なぜ痛みがでるのかを聞き取り状態をしっかりみてから体操を処方します。 また、トムソンベッドによる矯正施術や硬くなった筋肉をほぐす手技マッサージ、電気施術なども行います。また、ご家庭でできる体操も指導します。ヘルニアで手術せずに済んだという例も多数あります。

フレクション・エレベーションテーブルとは?

頚椎矯正 

Flexion Elevation Table(フレクションベット)はまだ日本に100台ぐらいしか輸入されていない最先端の特殊治療ベットです。
このベットはカイロプラクティックの本場 「アメリカ」のロイドテーブル社で製作されたもので、 ロイドテーブル社とはアメリカでもっとも販売台数の多いカイロプラクティックテーブルメーカーです。

カイロプラクティックテクニックの各分野のスペシャリスト (トムソンテクニック、Dr.Zemelka、アクティベータテクニック、Dr.Fuhr.等)などが製作を依頼するほどの高い技術を持っている会社の製品です。

ヘルニア・脊柱管狭窄症施術症例集(越谷市にある本院の例です)

越谷市40代男性 Tさん

Tさんは腰が痛くて、臀部から大腿部にかけてしびれがありました。
歩いても痛くて辛かったそうです。
筋肉にほぐしをいれて股関節のストレッチをおこない、最後にマッケンジー療法をとりいれることによって痺れを減らすことが出来ました。

その後、ご家庭でもマッケンジー体操をとりいれていただき2ヶ月で改善しました。

越谷市20代女性 Kさん

Kさんは看護婦さんで要介護の方の入浴作業をやっていて重い患者さんを運ぶので腰痛がでやすい状態でした。無理をするとすぐに腰が痛くなり、その際は腰だけでなく足のしびれもでてくるようでした。

手技マッサージと股関節のストレッチをおこなっていただき、マッケンジー療法、トムソンベッドによる矯正をおこないました。

無理をすると再発することもあるので、度々来院されています。

Webからのご予約は24時間受け付けております

いつあき予約 空き状検索「今すぐ確認!」

UP

COPYRIGHT(C)2009 みんなの整骨院 ALL RIGHTS RESERVED.